ネズミ駆除は確実に行ないましょう|安らかな暮らしを奪還

作業員女性

暮らしを快適にする

白蟻

万全の対策でのぞむ

蜂退治をするには、万全の対策でのぞむ必要があります。蜂は、昼に活発になり夜は大人しくなるので日没後に退治すると良いと言われていますが必ずしも刺されないというわけではありません。なるべく白っぽい服装で肌の露出を最小限にして駆除を行います。蜂の退治には殺虫剤を使って巣を棒などで突き落として処分します。巣がなくなると生き残った蜂はそのうちどこかに消えていくので巣を撤去することで完全に退治することが出来ます。蜂が悪さをしないのであればそのままにしておいても良い場合がありますが、小さい子供など刺されやすい家族が居たり巣がある場所が玄関のすぐ近くなど毎日頻繁に通る場所であれば刺される可能性があるので、駆除するほうが良いと言えます。

巣の大きさに合わせた対処

蜂の退治は、巣の大きさに合わせて対処する必要があります。通常、蜂は春頃から巣作りをはじめて夏になるとピークになり巨大化します。それが秋まで続き、冬になる前に女王蜂は越冬するために巣立つので巣は空の状態になります。一般的に、巣が比較的小さい春頃に巣を撤去すると簡単に駆除することが出来ると言われています。大きめの巣がすでに出来てしまっている場合は、駆除が困難になったり危険を伴うことが多いです。特に凶暴な性格で知られるスズメバチは、大群で攻撃してくることもあると言われています。目安としては、25センチ以下の巣であれば個人でも駆除が可能と言われています。それ以上大きい巣であれば、冬まで待つか専門業者に依頼するほうが良いと言えます。